ビースマイル歯磨き粉 | 葉の黄ばみをなんとかしたいあなたへ・・・

ビースマイル(be smile)が歯の黄ばみを白くする

ビースマイル(be smile)の新成分があなたの歯を白くする!

 

 

 

ビースマイル(be smile)については、この動画をみていただいた方が早いかも・・・
(*ユーチューバーのmika shindateさんの動画)

 

ビースマイル

 

 

歯の黄ばみをなんとかしたいあなたへ・・・

 

「歯の黄ばみが気になります。仕事はサービス業なのですが、人と向かい合って話すときの口元が気になってしまうので、白いきれいな歯になりたいです。」

 

「タバコを吸わないのに歯の黄ばみがひどくなって悩んでいます。特に気にすることはなかったのですが、同僚から「歯が黄ばんでない?」と言われてショックでしたし、今では人まで歯を見せることが恐くなっています。」

 

「私は紅茶や珈琲をよく飲むのと、タバコを吸うので、歯の着色が最近すごく気になって心配しています。」

 

などなど・・・歯の黄ばみを気にしている女性は多いですね!

 

そういう私もタバコは吸うし、コーヒーも大好きで、ちょっとお手入れをさぼると歯が縞模様のヤバイ状態になってしまいます。
いろんな歯磨き粉を使ってみたんですが、私にはこのビースマイル(be smile)が一番効果がありました。

 

それで、歯の黄ばみやビースマイル(be smile)について、いろいろ調べてみたのでご紹介しますね。

 

 

ビースマイル(be smile)でなんで歯の黄ばみが白くなるの?

 

これが、ビースマイル(be smile)です!

 

 

ポリアスパラギン酸Naが汚れを包んで除去

ビースマイル(be smile)の主成分ポリアスパラギン酸Naが歯の表面の汚れに吸着し、歯の汚れを包み込むように取り除きます。
汚れを包み込むために、一度取り除いた汚れが再吸着することはありません。
ポリアスパラギン酸Naは、アミノ酸の一種なので身体にも害はありません。

 

リンゴ酸が歯に付着した汚れを溶かして除去

弱酸性のリンゴ酸が歯の汚れや口の中の雑菌をキレイにします。

 

ビタミンCが歯茎を健康に保つ

ビタミンCも歯の汚れを取り除く大事な成分ですが、ビタミンCは骨や軟骨を構成するコラーゲンを生成する働きがあるため、歯や歯茎の健康を維持する働きがあります。

 

さらに・・・
新成分「GTO」が口内リスクを予防します!

 

 

ビースマイル(be smile)には、ウーロン茶抽出物とポップエキスから作られた「GTO」が配合されています。